カードローン 選び方

カードローンの選び方│借りる前の基礎知識

カードローン選びに失敗しないために

カードローン選びに失敗しないためにはどういった基準で選んだらよいのでしょうか。カードローンは、銀行や消費者金融など発行元によって強みや特徴などに違いがあります。そうした点を踏まえた上で、自分にとってどの条件が優先したいものなのかをまず考え整理してから、その優先順位に合ったカードローンを選んでいきましょう。

 

誰にでも当てはまるものではないかもしれませんが、実際にカードローンを利用して「失敗した」と感じた方の多い事例をもとに、カードローン選びに失敗しないためのサラ金借り方ポイントを3つ挙げてみます。

 

【金利は最低金利をチェックする】

カードローンの金利は最低金利から最高金利までの金利帯で表示されていることがほとんどですよね。例えば、4.5%〜18.0%といった表示の仕方です。この際、「4.5%」という表示だけに目がいってしまって、金利が低いカードローンだと思って申込をしたら実際には18.0%が適用されてしまった、というケースがけっこう多く見られます。適用される金利はこの金利帯のなかから審査によって決定されるものですが、借入れ額によってもある程度適用金利は決まっていて、50万円以下など小額な借入ならほぼ最高金利(この場合なら18.0%)が適用されると思っておいていいでしょう。金利を比較の際には最低金利をチェックする、または、自分が借りたい額でどのくらいの金利が適用になるのか、こちらは公式サイトに載っていることが多いですのでチェックしておくとよいでしょう。

 

【即日融資は審査の早さを比較する】

当日中になんとしてもお金を借りる必要があるのであれば、即日融資のカードローンを利用するとよいでしょう。ただし、「即日融資可能」「最短即日融資」とうたっているものでも、審査に時間のかかるケースが多く実際には即日で借りられない可能性のほうが高いカードローンというのもけっこうあります。即日融資はどこの会社でもあくまで「最短」であり、それを確約されたものではありませんが、即日融資を受けられる可能性の高いところ、低いところというのはあります。審査時間が最短30分など早いところでなおかつクチコミでも審査の早さに定評があるところなどを基準に選ぶと良いでしょう。

 

【短期間で3社を超える申込はしないようにする】

実は、カードローンは申込をしただけでも信用情報に情報として残ります。そして、半年の間に3社を超える申込の履歴がありますと、申込ブラックと判定されてしまいそれだけで審査に通りにくくなってしまうのです。よく、審査に自信が無いから2〜3社同時進行で申込を、などと考える方もいらっしゃるようですが、それは実は審査においてはマイナスになりかねない行為なのです。まずは1社、審査を受けてみて通らなければ、そこよりも審査が柔軟なところで申込をする、というように、考えながら慎重に申込を行いましょう。

カードローンで借りる前の基礎知識

金融機関からお金を借りる、いわゆる『ローン』にはいろいろなものがありますよね。住宅購入資金のための借入である住宅ローンや自動車の購入資金としての借入であるマイカーローン、子供の学費など教育資金であれば教育ローンや結婚式の費用としてブライダルローンなど、さまざまな目的に合ったローン商品があります。そんななかでも、みなさんにとって身近なローンなのがカードローンです。

 

カードローンは個人向けの無担保融資のことで、個人の信用に応じてお金を借りることができます。住宅ローンやマイカーローンなどとの違いは、こちらは資金の使い道が限定されていないという点と、ローンカードを利用するなどして限度額内で何度でも借入ができるという点です。

 

住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどといった目的別ローンの場合には、その目的に使うためのお金を融資してもらったら、あとは毎月分割で返済をしていくだけになります。資金使途がわかるような見積書や請求書などの書類が必要であり、その使途にしか使うことができません。一方のカードローンはといいますと、資金使途は原則として自由であり(事業性資金への利用が不可の場合もあります)、審査により利用限度枠を与えられればその範囲内で何度でも自由に繰り返し利用が可能です。借入や返済はネット上やATMなどを利用して手軽に行うことができます。

 

カードローンは基本的には定職についていて安定した収入がある方でしたら申込が可能なものが多く、アルバイトやパートで一定の収入があるのであれば学生や主婦の方でも申込が可能です。また、銀行カードローンの一部では、自身に収入のない専業主婦の方の申込も可能なところがあります。即日融資に対応しているものも多く、審査に通れば申込をしたその日のうちに融資を受けることもできます。

 

金利は他の目的別ローンと比べますと高めな設定になっています。また、借りられる額は審査によって決定しますが、カードローンは小額の借入から数百万円という高額な借入までが可能になっています。銀行カードローンのなかには最高限度額1,000万円という高額な融資が可能なものもあります。

審査の時間はどのくらいかかるもの?

カードローンの審査時間というのはどのくらいかかるものなのでしょうか。即日融資が可能なカードローンといっても、審査にかかる時間は各カードローンによって違ってきます。最短30分というものもあれば、最短即日、とだけ明記しているところもありますし、実際に審査を受けたら混雑のためや審査に時間がかかるために2営業日ほどかかるというケースは珍しくありません。

 

また、クチコミをみてみますと、時間がかかるカードローンの場合には申込から2週間などかなり時間がかかるケースもあるようです。それは個人の属性などによって審査に時間がかかっているというケースもあれば、もともとそのカードローン自体審査に時間がかかる傾向があるという場合もあります。審査時間は実際に受けてみなければわからないのですが、クチコミで多少そのカードローンの傾向というのをみることができますので、申込をする前には一度チェックしてみるといいかもしれません。

 

基本的には審査時間は消費者金融が早いです。大手の消費者金融になりますと、審査時間は最短30分としているところがほとんどで、クチコミでも申込みから数時間程度でスムーズに借りることができたといったような評価がされています。一方銀行カードローンはといいますと、各カードローンによって差はありますが、消費者金融よりは時間がかかる傾向にあるようです。

 

銀行カードローンの場合には銀行の審査と、それに保証会社の審査とを二重にやらなくてはなりません。そのために自社の審査だけで済む消費者金融と比較して時間がかかってしまうわけです。


ホーム RSS購読 サイトマップ